根本改善

  • コロナ対策
  • エキテン口コミ
  • google口コミ

肋間神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 身体を捻じると肋骨の間に「ズキッ」と痛みが出る
  • 痛み止めを飲んでも痛みが変わらない
  • 身体を丸めるほどの痛みで、痛む範囲も広がっている
  • 咳やくしゃみをすると痛みが走る
  • 痛みが原因で日常生活に支障をきたす

なぜ肋間神経痛になるのか|菅原整骨院

肋間神経痛とは、肋骨と肋骨の間にある神経(肋間神経)が、何らかの原因で刺激されることで、神経に沿った部分に痛みを感じる症状です。
肋間神経痛は疾患の名称ではなく、ある疾患から引き起こされる症状の事を指します。

特徴として、左右どちらかの肋間神経に沿って症状が出現する場合が多く、背部から脇腹、胸の前面、場合によってはお腹や足の付け根付近まで痛みを出すこともあります。
その原因は明らかにされていないものもありますが、原因が特定できる『症候性肋間神経痛』と原因が特定されていない『特発性肋間神経痛』とに分類することができます。

『症候性肋間神経痛』の原因|菅原整骨院

①変形性胸椎症
②胸椎椎間板ヘルニア
③脊椎腫瘍など、脊椎に障害のあるもの
④肋骨骨折や肋骨部の腫瘍など、肋骨に原因があるもの
上記のように、原因がはっきりしている場合には、上半身を捻じるなどの動きの時、上半身を前後に曲げた時、上半身を左右に倒したときなど、上半身の動きに関連して痛みが出現し、息が出来ない程の強い痛みを伴うこともあります。

『特発性肋間神経痛』で有名なものに、帯状疱疹がありますが、多くは原因が分かっていません。
帯状疱疹は、帯状疱疹ウイルスが神経の中から、皮膚の表面に達して皮疹を伴う疾患ですが、胸部に帯状疱疹を起こすと肋間神経痛を引き起こします。

帯状疱疹の場合、皮疹を伴う前から「ヒリヒリ」したり、「ジクジク」と運動に関係がない場面でも持続的に痛みが出るのが特徴です。
帯状疱疹の場合、早期に抗ウイルス薬による治療が必要になるため、医療機関への受診が必要になります。その他、ストレスなども原因の一つと考えられています。

放っておくとどうなるのか|菅原整骨院

肋間神経痛を治療しないまま経過すると、身体を動かした時や、咳、寝返りなど、ほんの些細な動作で息が止まる程の痛みが出てしまうことがあります。その結果、痛みが出る度に大きなストレスを感じるようになったり、寝返りの度に目を覚ますなど、日常生活に支障をきたしてしまうことも少なくありません。

痛みの原因となっている、胸椎の変形や胸椎椎間板ヘルニアの症状が進行していくと、神経への圧迫が強くなり、さらに痛みを増悪してしまうばかりでなく、胸部の脊柱管が狭窄されてしまうと、歩行や排尿に障害をきたしてしまう場合もありますので、肋間神経痛が起こっている原因を突き止め、早めに治療を開始することが重要になります。

当院での肋間神経痛の施術方法|菅原整骨院

当院の治療のコンセプトは、「症状の出にくい身体づくりを提供すること」です。その為、最初の検査時は患者様の「痛みの原因を診断すること」を大切にしています。
肋間神経痛の患者様には、いつから、どの様な動きで、どこの部分に、どんな痛みが出るのかを詳しく問診します。また、帯状疱疹などの専門医療機関の治療が必要か同化を鑑別するため、痛みのある部分を視診することもあります。

また、脊椎や骨盤を含めた骨格の歪みも必ず検査していきます。
肋間神経痛の場合、多くの方が脊椎や骨盤の歪みが原因となって症状が出ています。他の整骨院や整体に行ってマッサージや電気での治療を行っても治らなかった方は、この歪みが原因であることがほとんどです。

菅原整骨院では、骨格を正常な位置に戻すため、どこの筋肉が作用して神経痛を引き起こすのかをしっかりと検査し、原因となる筋肉に優しく施術をしていきます。
主に、姿勢を司る傍脊柱起立筋、菱形筋、僧帽筋、腰方形筋などの身体の後ろ側の筋肉にアプローチをし、猫背の原因となる胸の筋肉もほぐしていきます。筋が元の柔軟性を取り戻したあとは、歪んでしまった脊柱や、その土台となる骨盤の調整を行います。

また、極度のストレスなど、骨格の歪み以外から来る肋間神経痛に対しては、自律神経を整える為に当院独自のTST療法(東洋医学に基づいた経絡療法)や鍼治療を併用することもあります。

痛みが落ち着いたら、不良姿勢の改善の為にご家庭でできる運動方法やストレッチ、正しい姿勢を専門のスタッフがしっかりと指導を行います。
この様に、それぞれの原因に合った幅広い治療法をご提案させていただくことで、皆様のお悩みを根本的に改善していきます。ぜひご一緒に、「痛みを忘れる未来」に向けて取り組んでいきませんか?

患者様の声

  • キャンペーン

お問い合わせ

菅原整骨院

お問い合わせ

住所
〒005-0831
札幌市南区中ノ沢1丁目2番12号
駐車場
専用駐車場5台あり
予約
お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日
日曜・祝日

診療時間